ホームカラーに潜む危険

どーも谷山ですジージョ



今回はホームカラーに潜む危険あんぱんまん




解りやすくオシャレ染めのお薬を例に書いていきます


ぶっちゃけ

美容室で使ってるカラー剤と

ドラックストアに売っているカラー剤って

そんなに違いがあるとは思いません






じゃあなんで美容師さんが止めるかっていうと





美容室でカラーをする時

染めたい部分に狙ってお薬を塗れるんですけど


ホームカラーの場合

塗りたくない部分にもお薬が付いちゃうんです






で、ウチがおすすめしているリタッチという技術

すでに染まっている部分にはお薬を付けず

伸びてきた根元の黒髪部分にだけにお薬を塗る技術です







髪の毛には体力があります

仮に、生まれたての髪の毛が100点の体力だとすると





カラー1回で、-15点





ホームカラーを頻繁にする方は

2週間に1回染めている感じですね






3ヶ月間ホームカラーを続けると
毛先の体力はほぼ0点






パーマもカラーも出来る体力が残っていません






しかも、根元は1回しかお薬が付いていないので

85点残っていて、毛先は0点






根元から毛先にかけて残り体力に差があります




これが美容師的には仕事がしづらい




無茶して



こんなになるかも






だから、ホームカラーを止めてほしいんです






なので、他の美容室でもいいのでチラ

美容室でカラーをしましょう





そうすれば、高いトリートメントやシャンプーを

頑張って購入しなくて経済的だし

髪の毛も綺麗なまま過ごせますよ~


引用元:どS美容師ブログ 髪の毛は減点法で 死んでいっちゃうよ!
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック